家具をアウトレットで揃える時に注意点したい3つのポイント

家具をアウトレットで揃える時に注意点したい3つのポイント

ふと嫁と一緒に住みはじめた日を思い出したキナコス夫です。
今考えるといろいろ大変でした(笑)マンション探しや同居のタイミング。でも一番難航したのが家具選びでした。節約したいけど中古という線はなかったので大きな家具はほとんどアウトレット店で揃えました。今考えると少し甘かったんだと思います。十分使えているのは確かですが、ちゃっと見て納得していればよかったなーと感じる事が多くありました。

アウトレット店で売っている安い家具には理由がある

倒産品やキズモノ、展示品など理由は様々ですが、基本的に抑えて置かなければならないことは「何かしら問題が起こりやすい」ということです。当たり前だと思われるかもしれませんが、完璧な状態で売られてないと思っていいかもしれません。何かしら理由を抱えた家具達です。ソファーからベッド、ダイニングテーブル、テレビ台、食器棚、ソファーの近くに置いているテーブルをすべてアウトレット店で購入しましたが、僕が修理したり手を加えて改善したものが結構あります。そこで感じた3つのポイントをご紹介したいと思います。

オシャレな家具

【ポイント1】アウトレット店の安い食器棚などはネジが緩みやすい

ハズレを買っただけのような気もしますが、食器棚の取っ手は買って3年半の間に2回はネジが緩んで締めました。確かによく触るところではありますけど、さすがにオイ!って思いました(笑)ベッドは明らかにギシギシうるさい。これもネジが緩んでいたのが原因でした。実家でもこんなことは一度もなかったので、「やっぱりアウトレットだな」とグチを言ってました。

ネジが緩む

【ポイント2】アウトレット店の家具は裏側が深刻な場合も

ダイニングテーブルを運んでもらって、意外といいじゃんと喜んでいたら近くを通った時になぜか何度も服がひっかかる。。。そこを手でなでた所、ちょっと大きめのキズを発見。ダイソーでパテと紙やすりを購入して修復しました。ベッドに至ってはネジを締め直す時に大きな修復した跡を発見。ネジを締めても理想の静かなベッドにならなかった為に、すべてのネジを一旦外して木と木が接触している部分にシールタイプの薄いゴムを貼り付けて消音化を図りました。

食器棚はすごく深刻で、炊飯器やオーブンレンジの電源を取るケーブルが熱で溶けて発見時には少し周辺のプラスチックが焦げてました。ケーブルの芯も一部見えてて。。。マジ焦りました。結局ホームセンターでちょっと良さげの電源タップを購入して代用してます。

家具の修理

【ポイント3】アウトレット店でお得に買った商品の原価が高いから買い替えに踏み切れない

何気にここが一番ネックです。以前住んでいたマンションの内装に合わせて購入したのでぶっちゃけ今の部屋には少しだけ合わない気がしてます。前は内装で使われていた木の部分がこげ茶色で、それに合わせて家具を選んでたんです。でも今は明るい木の色になり少しバランスが悪い。

ちょっと予算を投下して買い替えてもいいかなと感じるんですが、「すごくお得にかった家具」というイメージが強くて、もったいないオバケが出てくるのです。ざっくり見積もっても原価50万以上。でも買った金額は恐らく25万弱くらい。なのでもう少し使い続けようかという結論に至ってます。

家具の買い替え

ほどよい妥協・細かな事前確認・原価に惑わされないことで上手にアウトレット店を利用しよう

ご紹介した内容は本当にザックリしてるとは思いますが、私はこの3つのポイントさえ押さえていれば後悔することは無いと思ってます。修理や手を入れたことにより今では快適ですし、とにかく安い家具を買うよりも訳ありとはいえ、本来の値段よりグーッと安い値段で買えるわけなので我が家の場合は引っ越しさえなければ大満足でした。ていうか新しい住居がすごく良くて家具との相性がすっぽり抜けてたんですよねwww
そして、もし買い換える事を考えたとしてもきっとアウトレット店で買いますw

ちょっとしたDIYが好きな方だったら断然オススメですよ!